眞子様

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀と朝見の儀とは?眞子さまご結婚までの皇室儀式④

十二単

こんにちは!管理人のミノです!

 

婚約内定が行われた後は

眞子さまは通例通り

皇室儀式に臨まれると言われています。

 

結婚式直前の3日前に行われる

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀と

朝見の儀とはどんな儀式なのでしょうか。

 

結婚式直前ですが、

天皇皇后両陛下に席巻したり、

十二単をお召しになったりと

とにかく大変ですね…。

 

といいつつ、眞子さまの

十二単のお姿がとても楽しみ…

(*´▽`*)人

 

詳しくご紹介します!

★ご成婚までの皇室の儀式★

①納采の儀

②告期の儀

③皇室経済会議

④賢所皇霊殿神殿に謁するの儀←ココ!

⑤朝見の儀←ココ!

⑥入第の儀

 

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀とは?

十二単

タイトルだけを見ると、

漢字ばかりで一瞬びっくりしますが、

正しい読み方は

「かしこどころこうれいでんしんでんにえするのぎ」

です。

 

女性皇族が民間に嫁がれる前に一人で、

「賢所」「皇霊殿」「神殿」の3つの拝殿に、

皇族の籍を抜けることを挨拶し、

今までの感謝と謝辞を述べ、

拝礼する儀式です。

 

だいたい結婚式の3日前に行われます。

 

それぞれの拝殿には、次にあげる

日本の神様が祭られています。

 

「賢所」⇒日本の象徴である天照大神

「皇霊殿」⇒歴代の天皇や皇族の御霊

「神殿」⇒日本の神々

 

 

最近では典子さんが、

賢所皇霊殿神殿に拝礼される際に

十二単におすべらしの装束で

行われましたね。

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀

引用:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20141002002148.html

 

2005年の清子さんのときは、

十二単で、頭には

宝冠を載せていたのが印象的でした。

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀2

引用:http://hibakama.seesaa.net/article/9255432.html

 

賢所皇霊殿神殿の儀式は、

皇室や皇族のお子様が

お生まれになったときにも行う

お宮参りに相当する儀式でもあるんですよ。

 

2006年10月にお生まれになった

秋篠宮様の悠仁様も

拝礼されていらっしゃいます。

 

それにしても、

この賢所皇霊殿神殿に謁するの儀が

もし夏場に執り行われますと

十二単が相当暑くて倒れそうですよね…。

 

ということで、眞子さまのご結婚は

2018年の夏以前か、秋以降になるんじゃないかと

勝手にミノは予想をしています!

 

朝見(ちょうけん)の儀とは

朝見の儀とは、最後に、

天皇皇后両陛下に

今までの謝辞を述べる儀式のことです。

 

結婚式の3日前、

賢所皇霊殿神殿に謁するの儀と

同時に行われます。

 

女性皇族が降嫁される前に、

一人で天皇皇后両陛下に挨拶をし、

天皇皇后両陛下から

祝福のお言葉を受け、

別れの杯を行います。

 

その際の正装ですが、典子さんの場合

ローブデコルテと呼ばれるロングドレスに、

ティアラ、勲章で

天皇皇后両陛下に席巻しました。

引用:http://www.asahi.com/articles/ASGB24GTQGB2UTIL025.html

 

儀式では赤塗りの膳がおかれていて、

その膳にはお祝いの伝統食がのります。

 

高盛の皿に雲丹篠蒲鉾(うにしのかまぼこ)

塩引干鮭(しおびきほしさけ)

平盛の皿に塩ゆでの才巻エビと

付け焼きにしたウズラが盛られます。

 

そして天皇皇后両陛下と

典子さんは九年酒

別れの杯を交わしました。

 

どうでもいいことで申し訳ないんですが

画像を見ると、食べ物らしきものは

見当たらない…。

 

典子さんの前に置かれていた

植物みたいなのが伝統食なんでしょうか??

草みたいなの、生えてますけど??

Sponsored Link



賢所皇霊殿神殿に謁するの儀と朝見の儀は同日に行われる?

ここまでご紹介して「あれ?」と

思われた方もいると思います。

 

そう、賢所皇霊殿神殿に謁するの儀と朝見の儀は

同日に行われるんですね。

 

千家典子さんの時は、2014年10月2日の

午前に賢所皇霊殿神殿に謁するの儀を行い、

午後に朝見の儀に臨まれました。

 

午前に十二単姿を披露してから、

午後にはローブデコルテという洋装。

 

十二単は着るのも脱ぐのも

大変と言われていますから

早着替えさながらですね!

 

その3日後には結婚式で

お色直しのようなものもありますから、

皇室の女性は本当に大変です…!

 

朝見の儀の後はいよいよ最後の儀式

入第の儀です。

 

この入第の儀の後の、結婚式は

皇居外で行われます。

 

いよいよ皇籍を外れることになりますが

何とも感慨深いでしょうね…。

 

一般の人でもお嫁に行くときは

寂しい気持ちを持つ方も多いですが

皇室の女性は生まれた時から

皇族という身分でいらっしゃったので

民間人になる…というのは

完全に違う世界に飛び込むのと同じくらい

勇気がいることだと思います。

 

一般人にはおよそ想像もつきませんが

相当勇気がいると思いますよ…。

 

小室圭さんは、眞子さまのことを、

しっかり支えてあげてほしいです。

Sponsored Link



ここまで読んでくださり

ありがとうございました!