眞子様

眞子さまの新生活はいつから?新居にかけられるお金は?一時金や年収から予想!

眞子さまの新居は?

こんにちは!

管理人のミノです!

 

新婚さんって、新居選びや

家具選びもとても楽しいですよね!

 

ミノは結婚してないので

分かりませんが、きっと

結婚準備と相まって

人生で一番盛り上がる時だと思います。

 

まあ、ここで意見の相違で

仲が悪くなるカップルも

沢山いるみたいですが…。

 

さてさて、眞子さまと

小室圭さんについても

今後は新居や新婚さんとしての

準備が始まると思います。

 

眞子さまは皇族の方なので

結婚までの道のりはまた

独特なのですが(別記事で紹介します)

結婚後は基本的にどこに住むかは

自由となっています。

 

ただ、小室圭さんに関しては

二世帯どころか、三世帯同居の

可能性もゼロではないんですね。

 

そのことについては

宮内庁も懸念を示しているようなんです。

 

「いやいや、他人の結婚後の新居について

検証するって、何お節介なことしてんの?(;´・ω・)」

って感じですが、考え込むとミノは止まりませんので、

この辺りを、2記事にわたってご紹介したいと思います!!

 

今回は眞子さまと小室圭さんの

ご新居についての第一弾!

眞子さまの新生活はいつから?

結婚後に新居にかけられるお金は

いくらなのか?についてです。

 

それでは詳しく見ていきましょう!

Sponsored Link



 

新居での生活はいつから始まる?

眞子さま眞子さま

さてまずは眞子さまと小室圭さんの

お二人の新婚生活がいつから

始まるのか?ですが

これは早ければ2018年夏ごろではないか…

という報道がありました。

 

婚約記者会見は2017年6月中旬以降、

そして儀式を経て、結婚に至るので、

一般人の結婚よりはやはり

時間がかかるようなんですね。

 

そのため、お二人の生活を

始められるのも、早くて1年以上先に

なってしまうのです。

 

これは致し方ないですが、

ミノは楽しみもひとしおです!!

 

ちょっと長い準備期間になるので

マスコミの過激報道でお二人が破局…

なんてことにならないよう

気を付けてほしいところですが…。

 

眞子さまの一時金と結婚後の資金について

まず眞子さまは皇室離脱の際に

一時金が支払われます。

 

その額はおそらく

1億3725万円と言われています。

え!すご…と思いがちですが、

そうでもないのがこの一時金。

 

詳しくは関連記事で見ていただきたいのですが、

この額は決して多い額ではありません。

 

元皇族として品位を保つために出るお金ですが、

SPの人件費なども

ここから捻出しなければいけません。

 

さらに、秋篠宮家から仕送りのようなものは

送られることはないとされていて

(秋篠宮家のお金ももとは税金なので)

この一時金と小室圭さんの年収で

結婚後は賄っていく必要があります。

 

小室圭さんの現在の年収は多く見積もって

約500万円前後と言われています。

 

今後年収が増える可能性もありますが、

結婚直後には大幅に年収アップしている

可能性は低いでしょう。

 

眞子さまが働きに出られる可能性もありますが

しばらくは無理だと思いますので、

こちらも可能性は低いと思います。

 

眞子さまと小室圭さんの新居を考える上で

重要になってくるのは、

「新居にいくらかけられるのか?」

です。

 

新居以外にかかるお金が多ければ、

住居には結局お金はかけられません。

 

ということで、次に結婚後に

一番高くつくであろう費用を

ご紹介していきます。

 

結婚後に一番高くつく費用は?

新婚生活で一番多くのしかかってくるのは

何といってもSP代だと思います。

 

SP代は1日にお願いする時間は

昼間の外出時だけだとしても、

1日に約6~12時間くらいでしょうか。

 

時間や危険度によって料金の差はありますが、

あるボディガード会社を確認したところ、

2人に10時間頼んで10万円くらい、一人で5万円くらい。

 

そう考えると1人に1ヶ月のうち20日頼んで

100万円…

ってぎゃ~~!(◎◇◎;)

年間1200万円かかってしまいます。

 

そう考えると一時金は約10年くらいで

消えてしまうことになります。

 

心配なのは、眞子さまには

ストーカーまがいの

追っかけをしてるファンがいて、

大学構内まで侵入してきたことが

あるそうなんですね…。

 

だから、新居にお金をかけすぎると

その分SPにかけられる費用が減るので、

かなり危険なことになってしまいます。

Sponsored Link



 

眞子さまのお召し物は??

眞子さまの品位を保つために

かかる費用も高くなるのではないか?

という話もありますが、

ミノは眞子さまはお召し物にはあまり

お金をかけないようにされるのではないか

と思っています。

 

眞子さまは小室圭さんとの

電車デートをスクープされていますが

その時にお召しになっていたお洋服が

ユニクロのワンピースだったんですね。

 

他にも愛用されてらっしゃるお洋服の

ブランドはファストファッション系と

言われていて、ハイブランド品ではなく、

庶民的でいらっしゃいます。

 

 

そのため、ご結婚後も

堅実にお過ごしになられるのではないか…と

考えられるのです。

 

黒田清子さんの住居はいくら?

眞子さまの新居は?眞子さまの新居は?

ここで12年前に黒田慶樹さんと

結婚されました黒田清子さんの

当時の新居についてご紹介します。

 

結婚当初は賃貸マンションに

住んでいたようですが、その後、目白の

購入したマンションに転居しています。

 

そのマンションは

都心部でセキュリティ面が厳重な

億ションと言われています。

 

都庁への通勤にも便利だそうで

広さは100平米ほど、400戸ほどの

大規模マンションです。

 

購入金額は1億1000万円ほどと言われていますので、

かなりの高額マンションですよね。

 

立地としても素晴らしいので

かなりの高額になったのでしょう。

 

黒田清子さんの一時金も

ほとんど吹っ飛んでしまう額ですが、

これは黒田慶樹さんの年収や

貯蓄があったことが予想できます。

 

黒田慶樹さんも31歳まで銀行に勤めていて、

その後は東京都庁に務め、

結婚するときの年齢も40歳で婚姻歴はなし。

 

特に贅沢をしていなければ、

それなりに貯蓄もあったと考えられます。

 

結婚当初は係長級の役職だったそうなので、

年収としては600~800万円くらいでしょうか

ただ、清子さんのボディガード料も

かなりの額だったことは予想できます。

 

このボディガードもここ近年になって

ようやく頼まなくなったようで、

清子さんがおひとりで買い物をする姿も

見られるようになったといいます。

 

清子さんも高級スーパーではなく、

庶民的なスーパーでお惣菜を

選んでいるようで、つつましやかな生活を

送られているようですね。

 

そう考えると、やはり黒田清子さんも

SPに一番一時金を使ったのではないでしょうか。

 

結婚後に住居にかけられるお金は?

今まで事実と予測をまとめてみますと

 

・眞子様の一時金は1億以上だが、小室圭さんの現在の年収だと、住居にはかけられない可能性もある

・しばらくは推定年収500万円の小室圭さんの給料で賄っていく

・SP以外は一般市民と同じような生活を送られることが予想できる

 

 

まずは賃貸の場合で考えますが、

家賃が年収の25%を超えると、

家計を圧迫して、余裕がなくなると

一般的に言われていますので、

年収2割程度に抑える可能性が高くなります。

 

そう考えると、年収500万円の人の賃貸費の目安は

10万円前後。

 

もしローンを組む場合も

年収500万円ほどの方なら、

金利の種類やローンによって差はありますが、

4000万円後半から~5000万円後半

くらいになります。(おおまかな目安です)

 

でもね、これは一般人の収入から

考えた住居費です…。

 

眞子さまはやっぱり皇室の方ですから

セキュリティ重視のマンションに

済まなければいけませんよね。

 

さてさて、こんなことを踏まえて、

次の記事では、

眞子さまと小室圭さんのご新居は

賃貸or購入?

住所はどこらへんになる?

二世帯(三世帯)同居になる?

といったことをご紹介したいと思います!

次の記事はこちら↓

眞子さまの結婚後の新居は二世帯?購入or賃貸?住所はどこになる?

ここまで読んでくださって

ありがとうございました!

 

Sponsored Link