小室圭

小室圭の中学・高校のカナディアンインターナショナルスクールに関する謎…

カナディアンインターナショナルスクール

こんにちは!管理人のミノです!

 

当ブログを始めて、ずっと

眞子さまと小室圭さんに関して

応援を続けていますが、

最近は心配事が増えました…( ノД`)

 

小室圭さんに関する不穏な情報が

結構でてますからね~(;´・ω・)

 

確かに謎が多い方なので

気になりますが、憶測も多いかと

思うんです。

 

その中の一つが、小室圭さんが

日本人ではないという説。

 

その節の裏付けとして

小室圭さんが中学、高校の時に通っていた、

インターナショナルスクールも

話題に上がっています。

 

ということで、今回は

小室圭さんが通っていた

カナディアンインターナショナルスクール

についてご紹介していきます!

 

カナディアンインターナショナルスクールとは?

カナディアンインターナショナルスクールとは

その名の通り、日本にある

インターナショナルスクールのひとつです。

カナディアンインターナショナルスクール

住所:東京都品川区北品川5-8-20

JR大崎駅から徒歩5分くらいの場所です。

 

ぱっと見は、ただのビルみたい…。

 

入学にはその学年のレベルの英語力

が必要と規定されていて

もちろん、授業内容が理解できるレベル

とであることが必須。

 

この入学条件に合っていることが

問われるんですね。

 

そのため、インターナショナルスクールは

主に日本に住む外国籍のお子さんが通う場所で、

日本人が通うのは

かなり珍しいと言われています。

 

授業もすべて外国語(英語)で

行われるので、相当英語ができないと

通うのが難しいんです。

 

ではどうして小室圭さんが

入学できたのか…です。

 

なぜ小室圭さんはインターナショナルスクールに入学できたか?

カナディアンインターナショナルスクールの

事務長である赤羽典子さんによると、

小室圭さんはやはり英語力は十分では

無かったといいます。

 

小室圭さんが面接に行ったのは、

小学6年生の3月。

 

お母さんである小室佳与さんは

教育熱心という感じで

小室圭さんも小学生にしては

ハキハキと質問に答えていて

好印象だったそうです。

 

問題は英語力に関して。

 

一応小学生の時から英語を

習っていたそうですが、あくまで

小学生レベルの英語力で

入学条件を満たすレベルでは

なかったそうなんです。

 

こちらの学校では、

日常的会話ができたり、

英語の授業についていけないと

かなり厳しいため、

9月の入学前に強化クラスに

入る必要があったそうなんですね。

 

そして、小室圭さんはそのクラスに

参加して、さらにレポート提出

サマースクールへも参加という

課題をこなして、短期間で

英語力を身に着けたとか!

 

すごい意気込みですよね…。

 

そして見事に9月から入学

できたという話でした。

 

クラスは15人ほどの少人数制で

小室圭さんは熱心に勉強していた

そうですよ。

 

小室圭さんが入学できたのは

・強化クラスで英語力をつけたから、入学できた!

 

ということです。

 

さて、英語力のほかにも

インターナショナルスクールには

学費という問題もついてきます。

 

カナディアンインターナショナルスクールの学費

眞子さまの時給や年収は?

インターナショナルスクールは

大体、日本の私学よりも学費が

高いことで有名です。

 

そのため、通わせたいと思っても

通えない家庭も多く、収入面から

狭き門となっています。

 

カナディアンインターナショナルスクールも

例外ではなく、学費が高い…(◎_◎;)

 

 

中学校からの

初年度の学費ですが、入学金やら

何やらを全て合わせると、

なんと265万円!!

 

た…高いな~~(;・∀・)

裕福なおうちじゃないと

通えませんよね。

 

一応初年度のみの費用もあるので、

その後の授業料は

190~200万円にはなりますが、

それでもかなりの高額です。

 

中学三年間で約650万円…

高校三年間で約750万円…。

1ヶ月約20万円も学費にかかります。

 

そのため、外国籍の子どもであっても

通えない子たちも沢山いるわけです。

 

カナディアンインターナショナルスクールの生徒は裕福な家庭の子ばかり?

カナディアンインターナショナルスクールの

転職サイトでの評判をみますと、

働いていた方の口コミが載っていました。

 

・生徒は裕福な家庭の子が多い。

・韓国人の生徒が多い。

この口コミがいつの時期のものなのか

日付が書かれていないのでわかりませんが

やはりお金持ちの子どもが多いんですね。

 

また、

カナディアンインターナショナルスクールの

HPを見ると、

生徒さんの画像がいくつかのっています。

 

それを見ると、欧米人や黒人の方は

ほとんどいないようで、

アジア人が中心でした。

(※日本人がどのくらいの

割合で在籍しているのかは不明です)

 

小室圭さんはなぜインターナショナルスクールに通えた?

小室圭さんはご実家で

祖父と母親との3人暮らしで

つまり母子家庭育ちです。

 

小室佳与さんはケーキ店に勤務で

特別年収が高いわけではありません。

 

他の記事でも書きましたが、

他の収入源としては

・遺族基礎年金

・遺族厚生年金

・ひとり親家庭の助成など

・父親(小室敏勝)さんの保険金

が考えられます。

 

小室圭さんも、バイトを

掛け持ちしていたと言われてますね。

 

しかし、それでも、なかなか

月20万円という学費のかかる

スクールには通えないと思います。

 

そこでネット上でもう一つ

可能性として挙がっていたのは

「内縁の夫」

について。

 

祖父が内縁の夫で、別に収入があったから

とか、いろいろと検証されています。

※追記

小室圭さんの同居の

祖父について判明しました~!

 

 

さらに、

小室佳与さんが韓国人で、

小室圭さんも韓国籍を持っている

という仮説があるのですが、

カナディアンインターナショナルスクールも

アジア人の生徒さんが多いため

このスクールに通ったのではないか

と言われているんですね。

 

そのため、小室圭さんが

インターナショナルスクールに

入れたのは、日本人としてではなく

外国籍の子どもだったから

入学できたという仮説

もあります。

 

これが、

小室圭さん日本人ではない説

ですね。

 

ただ、入学時のお話しは

赤羽事務長のコメントにあった通り

本人が努力して英語力を上げて

入学することができたという説が

一番有力ですよね。

 

皆さんいろいろ考えるな~

と思いますが、

どれも憶測にすぎず

今の段階で疑惑どまりの話です。

 

仮説といえば

小室敏勝さんの保険金が多額だった…

という可能性もゼロではありません。

まとめ

確かに、小室圭さんの中学高校に関しては

なぜインターナショナルスクールだったのか

よく分からない点が多いんですね。

 

教育熱心にしても、

「通うには学費とか無理し過ぎではないか?」

という印象です。

 

これが色んな説とくっついちゃっている

気がするんですよ…。

 

謎の多い小室圭さんではありますが、

今後もう少し情報が出てくることを

祈ります!

 

ここまで読んでくださり

ありがとうございました。