小室圭

小室圭の夢、国際弁護士の年収はどのくらい?なるのは激烈大変だった!

国際弁護士になるためには

こんにちは!管理人のミノです!

 

小室さんの眞子様との

婚約報道によって一躍脚光を浴びた

国際弁護士という職業。

 

でも普通は、ドラマの世界や

ワイドショーの

コメンテーターの肩書として、

なんとなく聞いたことが

ある程度ではないでしょうか。

 

ミノもあんまり聞いたことが

なかったので、

「あ~海外で活躍する弁護士さんね!」

くらいの認識しかありません(笑)

 

分かった風ですが、

全く分かっていないので(笑)

気になる年収なんかも含めて調べてみました!

 

何で年収が気になるかというと、

眞子さまの幸せに直結している(?)

からですよっ!!

それではいってみましょ~!

 

Sponsored Link

 

小室圭さんは国際弁護士を目指している??

国際弁護士って?

小室圭さんですが、

ICUで法学を学んでいたかまでは

分かっていません。

 

しかし、卒業後勤務をしたのは

三菱東京UFJ銀行。

 

ということは、当初は

弁護士さんを目指していたわけでは

ないことが分かりますよね。

 

それが1年半で銀行を退職し、

パラリーガルとして奥野総合法律事務所

勤め始めます。

 

 

同時に一橋大学大学院国際企業戦略研究科

にも所属しています。

 

大学院では経営法務を学んでいるので

専門性が高いですよね。

 

頑張り屋さんだネ★

 

国際弁護士を目指しているという話は、

小室圭さんご自身が記者会見で

「考えを巡らせていこうと思います」

と言っているので、

おそらく間違いはなさそうです。

 

それではそもそも国際弁護士とは

どういった弁護士さんを指しているのでしょうか。

 

小室圭さんが目指す国際弁護士とは?

国際弁護士になるためには

実は、国際弁護士という

資格は基本的にはありません。

 

ただ、国際弁護士とよばれるには

3つのパターンがあります。

 

1つ目は、海外で

弁護士資格を取っていること。

 

2つ目は、日本の弁護士資格をもっていて、

主に海外の案件を取り扱いが多い人。

 

3つ目は、海外の弁護士資格と

日本の弁護士資格をもっている人。

 

ただ、基本的に、

日本の弁護士資格を持っていない場合、

日本では弁護士として

活動することができません。

 

このため、日本で国際弁護士

として活躍したい場合は、

日本で司法試験を受けてから

弁護士資格をとる必要があります。

ここまででも、超難関ですよね。

 

主な仕事として、

国際弁護士の仕事は

渉外弁護士とも呼ばれることがあり、

外資系企業や、大企業の顧問弁護士として

海外案件を扱う仕事が

ほとんどといわれています。

 

そのため、日本では大手の事務所に

所属していることが多いらしいですよ。

 

個人経営の弁護士事務所ですと

仕事の調整を自分でしやすいですが、

大手では自分で仕事の調整ができないため、

一般のサラリーマンと同様に

拘束時間が長く、取り扱う

専門分野の広さからいっても

多忙を極めることもあるようです。

 

ただ、大手の渉外弁護士事務所は、

一人では取り扱えない

大きな案件を扱うこともあるので、

チームで分担して

仕事をすることもあります。

 

コメンテーターや

タレントとして活躍している

八代英輝さんは、

テレビの仕事の合間に

国際弁護士としての仕事を

こなしているため、

平均の睡眠時間は

3時間ほどなのだとか…!!

 

さらに、移動中でもパソコンや電話、

必要書類さえあれば

仕事ができるため

テレビと実際のお仕事との両立は、

タクシーなどの移動中に

こなすこともあるのだそうです。

 

弁護士さんになるのも超大変なうえ、

なった後も超多忙ですか…。

 

ちなみに、矢代さんの専門分野は

国際契約法、著作権、知的財産権法、

医療過誤訴訟、会社関係の法務や、

刑事訴訟など、国際弁護士だけでなく

コンテンツビジネスにも

精通しているのだそうです。

 

つまり矢代さんのように

テレビにも出ている方は

超超多忙ってことですよね…。

 

日本では、

私たちの生活の中だけでは、

なかなか出会うことのない国際弁護士ですが、

外資系の企業が増えていく中、

今後はもっと必要な存在となっていく

可能性がありますね。

 

この先、小室さんも

弁護士資格をとった場合、

キャリアを積んでテレビに出演する…

なんてこともあるかもですね!

 

まあ、そうなるためには

まずは弁護士資格を

取らなければいけません…(;´・ω・)

 

でもね、さきほどから言っていますが、

弁護士になるって超難しいこと…。

 

しかも法科大学院出身の人じゃないと、

ハードルがさらに高くなります。

 

小室圭さんは

 

弁護士資格はどうやら持っていない様子。

 

そうなると、まずは超難関の司法試験に

受からないといけません…!

 

そっからさらに、

国際弁護士になるためには

海外の弁護士資格も取得するか

渉外弁護士として大手事務所に

所属しなければいけないので

結構距離は長いですよね…!

 

この中でも、

海外で弁護士資格を取るという方法は

激烈大変なことが分かりました…。

 

Sponsored Link

 

海外の弁護士資格をとるために必要なことは?

海外の外資系企業や

大企業で国際弁護士として

活躍したい場合は、主に、

活躍したい国の弁護士資格を

取る必要があります。

 

例として

アメリカの場合を見ていきます。

 

国際弁護士なるために、

一般的な方法は

まずは日本で弁護士資格を取り、

そのあとアメリカのロースクールへ

留学して資格を取得する。

 

一文で簡単に書きましたが、

これって激烈大変だね…。

 

日本の弁護士資格を取るだけでも

大変なのに、さらに留学して

学校に通ってやっと資格を取得ですよ。

 

かかる金額も1000万円とかいう話も!!

Σ(´∀`;)

 

まず、お金がない方は叶えることが

非常に難しい夢ですよね。

 

ただ、勤務している弁護士事務所が、

留学費用を負担してくれる

ということもあるようです。

 

相当有望で優秀な社員に対しての

特別措置でしょうね。

 

アメリカのロースクールは

3年生コースと1年コースにわかれていて、

日本で法学部卒や法律系の大学院を卒業、

もしくはロースクール生であれば

1年コースを受講できます。

 

コースを修了して、なおかつ

アメリカの司法試験に合格すれば、

アメリカの弁護士資格を

もつことができます。

 

しかし、アメリカでは州ごとに

弁護士資格を認定しているため、

取得した州以外での弁護士活動は

できないといわれています。

 

例えば、

バージニア州で資格を取った場合、

バージニアで仕事をはできますが

ニューヨークやロスアンジェルスで

仕事をすることはできません。

 

そういえば、

アメリカは州ごとに法律が違いますから

当然と言えば当然ですね。

 

ただね~苦労して取ったのに

1つの州だけの資格か…。

 

どのくらいの需要があるかわかりませんが、

そう考えるとやはりアメリカの大きな州の

資格を取るほうがいいですよね。

 

今って日本と諸外国とのグローバル化が進み、

海外企業とのトラブルが増えています。

 

そのため、国際弁護士の出番は

今後増えていくと考えられていますが、

外国での弁護士資格がなくても

外国法事務弁護士として

法務大臣の承認を受けて、

日本弁護士連合会に登録すれば、

ある程度の外国法に関する法律事務を

行えるようになってきています。

 

ただ、将来的には、

弁護士資格や法曹界は、

ロースクール留学や語学留学が

必須なる可能性もあるかもですよね。

 

弁護士業界も変わり目なのかな。

 

ただでさえ取得するのが難しい弁護士資格が

さらに取得が難しくなるかも…。

 

国際弁護士の年収は??

さてさて、気になる国際弁護士の年収。

 

これは、本当にピンキリみたいですね。

 

海外の弁護士資格を持っているか否か

でも違いますし、所属している

事務所によってもかなり違います。

 

ただ、海外の案件を

扱うことが多い渉外弁護士は、

個人で経営している法律事務所よりも

大手事務所に所属している場合が多く、

しかも専門分野が広いことから

年収も高めと言われています。

 

その額は初年度で年収1千万円前後!!

確かに普通のサラリーマンから考えると

かなりの高額ですね!

 

その分多忙で、海外との案件になりますと、

時差がある関係で24時間対応になったり、

海外出張も多いのだとか。

 

Sponsored Link

 

小室圭さんの場合は?

ここまでまとめて、

ミノの国際弁護士の感想は

・なるのはお勉強面で大変!

・費用面でも大変!

・お給料が高い!

・でも忙しい!

・海外出張が多い!

・英語は必須だね!

ですね。

 

小室圭さんは現在弁護士資格は

持っていないと言われていますので

これから司法試験予備試験を受けて、

司法試験を受けて…という流れに

なると思います。

 

ミノのワンポイント

司法試験予備試験とは

もともと司法試験は、法科大学院を卒業した人じゃないと受けられませんでした。

でも、司法試験予備試験を受けて合格すれば、法科大学院に進学していない人でも司法試験を受ける資格が得られるんだよ!

つまり高卒の人でも司法試験予備試験に合格すれば、司法試験を受けられるんだ!

経済的に法科大学院に通うことができない人なども、司法試験にチャレンジできる制度として、2011年に始まったよ!

 

現在小室圭さんは

一橋大学大学院国際企業戦略研究科で

経営法務を学んでいるそうですが、

こちらは企業に勤めている人向けの

コースで、2年間通い修士課程を得られると。

 

ただ、法科大学院とは

別物のようですので、

そうなると司法試験予備試験が

必要になってきますよね。

 

法律事務所で働きながら、

大学院で法律を学んで、

弁護士を目指していると…。

 

すごっっ!!!Σ(´∀`;)

どんだけ意識が高いんでしょう!!

 

これで本当に渉外弁護士として

活躍できるようになれば

年収もかなり高額になります。

 

奥野総合法律事務所でも

大学院に通ういながら勤めているということは

事務所からも期待されている可能性が

ありますよね。

さらに実際に弁護士になったら

奥野総合法律事務所に勤務する可能性も

高いわけです。

 

現在の年収は

高くても500万円と言われていますが、

将来的にもっと上がる可能性があります。

 

そう考えると、眞子さまのご結婚後も

安心……かな…??

可能性ってとこがミソですよね^^;

 

まあ、

「音楽でビックになるぜ!!」

と言っている人よりは将来有望だと思います。

 

小室圭さんはしっかり働いて

難しい勉強までしているので。

 

現在は、苦労して弁護士さんになっても、

所属する事務所や案件によって

年収もかなりの開きがあります。

 

低い方だと、それこそ年収200万円とか!!

え~~!!

 

弁護士さんってみんな年収が高めと

イメージで思っていましたが、

結構厳しい条件のもと

働いている方もいるんですね。

 

そう思うと、普通の弁護士さんよりは

国際弁護士さんの方が専門性が高く

今後も企業からの依頼を受けたり

需要が増える可能性があるので、

年収は高くなる傾向にあると思います。

 

どの事務所に勤めるかもかなり

重要になってきまが、小室圭さんの

事務所は大手なので、この辺は安心ですね。

 

とりあえずは何となく安心しました!

 

Sponsored Link

 

ここまで読んでくださって

ありがとうございました!

関連記事

小室佳代が信じる霊媒師や宗教団体の正体は大山ねずの命神示教会?育ちも判明したが大変なことに…

小室圭の同居の祖父の名前と職業が判明!祖母の名前や生い立ちも!

小室圭はアナウンサー志望でスクールに通っていた?諦めたのは眞子さまのため?

小室圭はなぜ三菱東京UFJ銀行を退職した?理由は解雇(クビ)?

小室佳与(小室圭の母親)は韓国人で韓国籍?名前や祖父が謎すぎる?!

小室圭の元カノは社長令嬢?!逆玉狙い&一時金目当ての婚約ってホント?!

小室圭にまつわる13の謎!父の死、生い立ち、年収、職業の迷走と謎だらけの謎王子!

小室圭の父親(小室敏勝)の死因は自殺?祖父も後追いって本当?

小室圭のバイト先はビストロ・ファミーユ!バイト先での評判は?

小室圭の父親(小室敏勝)の職業は?男爵とか資産家って本当?

小室圭の職業パラリーガルの年収は?フリーターだとしたら、眞子様を養えるの?

小室圭の腕時計はロレックスじゃなかった?!ブランドと価格は?

小室圭は身長が低い?体重は太ったって本当?比較してみた!

小室圭の自宅のマンション名がばれた?住所はどこ?すでに恋愛スポット状態…